造作家具部分を増やすとマイホーム予算UP

一戸建てマイホームを注文住宅で建てたのですが、「造作家具の個数をもう少し減らせば良かったかな」とは思っています。造作家具の範囲が大きくて、わが家は予算オーバーしましたし。造作家具部分を増やしたことによって、わが家は100万円ほど予算オーバーしていますからね。

まず、食器棚を造作家具にしてもらいました。大きな金額ではここですね。キッチン背後にある食器及び食料品の収納場所なのですが、ここには旦那のこだわりがあって、造作家具にしたのです。そして、ここが金額的に大きかったです。

また、収納部屋の周囲の棚も造作家具にしてもらっていますね。棚の高さを変えられるようにガチャ棚にしています。また、土間収納部分の棚も造作家具です。他には、トイレや廊下などの収納についても造作家具ですからね。そりゃあまあ高くもなりますよね。しかし妥協できなかったのです。当時は。

けれど今になって思ってみれば、私は「既製品の棚でも良かったかな」なんて思うところもあるんですよ。旦那は怒るでしょうから言いませんが。しかし家づくりって、その時は強く自分のイメージに固執しても、後から「あ、べつにこだわらなくっても良かったかも」なんて思うことも多々あるわけで。