地震が多い地域は耐震強度が強い家

日本では比較的地震が多い地域ですが、その中でも地震が少ない地域と地震が多い地域に分かれています。過去の統計からもし地震が多い地域にマイホームを建設する場合は、耐震強度が強い家を意識しなければいけないです。
特に大きな地震が起きる危険性が強い地域では要注意です。大きな地震には、関東大震災や南海地震や東海地震などがあります。また、直下型地震が多く発生している地域も要注意です。このように大きな地震が起こる可能性がある地域の場合は、家づくりから工夫をする必要があります。なるべく丈夫な木材を使用したり、耐震強度を上げるための工事をします。今は、耐震強度を上げるための工事も技術力が高くなっているので、耐震強度を上げるための家づくりをする事によって大きな地震が来ても耐えられる家を建設することも可能になっています。多少費用は高くなりますが、地震で大きな被害に合わないためにも建設の段階で地震対策をしていく必要があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク